最終更新日
記事公開日

偽りのフォロー電話

0120から始まる知らない番号からの電話。

「どこからだろう?」

作業の手を止め、通話ボタンを押すと、

「お世話になります。ヤマダ電機の〇〇と申します」」

「先日は、エアコンのご購入ありがとうございます!」

「ご購入頂いた商品にご不明な点やご不満などはございませんか?」

と女性の声がした。

たしかにエアコンは買ったけれども、もう数ヵ月前の話。

なんで今頃?

とは思ったものの、わざわざフォローの電話をくれたんだと思うと、悪い気はしません。

ところが、状況は一転。

軽い挨拶程度のフォローが済むと、

「それとですね、今、”ウォーターサーバー”のキャンペーンをやっておりまして・・・」

え、ウォーターサーバー???

なんと、フォロー電話に見せかけた営業電話だったんです。

さすがにそれはダメだろ。

信頼度は大暴落。

「アフターフォローの電話と見せかけて、営業してくる会社なんだな」

「個人情報を営業電話に使うんだな」

「購入した客をお金としか見ていないんだろうな」

そんな残念な気持ちで一杯です。

もちろん、この営業電話をすることで、

「あ、そうなの?ちょうどウォーターサーバーが欲しかったところなの!」

なんてタイミングよく購入してくれるお客さんがいるのは分かります。

でも、それ以外の人は結構イヤな思いをしたんじゃないかな。

エアコンの値段にも、接客態度にも、商品にも満足していたのに、まさかまさかのところで不満爆発です。

ほんと、「自分はお客さんにこういう事はしてはいけない」という良い勉強になりました。

この記事のURLをコピー

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

関連情報


運営者プロフィール
Kodama-Works BLOG運営者のプロフィール画像
児玉 和基

宮崎市在住、フリーのITエンジニアです。ウェブサイト制作がメイン業務。当ブログのテーマは自作したものです。

カテゴリー