最終更新日
記事公開日

デザインするときに言われると困る言葉

「カッコイイ感じでお願いします」

全て任せた!信頼してる!という気持ちでお願いしてくれてるのはすごく分かります。

とても嬉しいです。

しかし、意外とこれが頭を悩ませる一言でもあります。

そういえば、美容師さんも

「カッコイイ髪型にしてください」

というリクエストが一番困るらしいです。

全く同じですね。

「カッコイイ」という言葉が抽象的すぎて、照準が定まらないんです。

どんなのが好きなんだろう・・・と逆に迷ってしまいます。

カッコイイの定義は人それぞれ違います。

「ロック」をカッコイイと思う人もいれば、「ジャズ」がカッコイイと思う人もいます。

だから、まずはお客様の「カッコイイ」は「どんなカッコイイなのか?」を見極めるところからスタートです。

いくつかウェブサイトを見せながら、

  • こんな雰囲気ですか?
  • こんな配色にしますか?
  • こんな感じのレイアウトですか?

というように具体化するための質問をしていきます。

しかし中には、そういう質問されることを嫌がるお客様もいるので、そのときは30%のぐらいの力で作ったラフデザインを見せて、反応をうかがいます。

そこから、少しずつお客様の理想に近づけていく作業を進めていきます。

だから、もしホームページ制作会社を探すときは、自分の好みに合った制作実績が並んでいるところから選ぶのがオススメです。

デザインの趣向が合っていると、デザイン工程がスムーズに進みやすいです。

この記事のURLをコピー

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

関連情報


運営者プロフィール
Kodama-Works BLOG運営者のプロフィール画像
児玉 和基

宮崎市在住、フリーのITエンジニアです。ウェブサイト制作がメイン業務。当ブログのテーマは自作したものです。

カテゴリー