最終更新日
記事公開日

宣伝を匂わせない上手なイベント

先日、とある営業さんのツイートに気になるものがありました。

池を埋め立てて分譲地にしたエリアがあるのですが、今度そこでイベントを開くらしいのです。

参加者は、近くの小学校や中学生の子供たち。

学校と協力して、楽器の演奏会や歌の発表会を行うそうです。

これは賢いな・・・と。

子供たちが主役のイベントとなれば、親たちは意気揚々と集まります。

「子供たちを頑張ってる姿が見たい!」

「少しでも来場者を増やしてステージを盛り上げたい!」

そんな思いから、私も子供が出るイベントにはできるだけ参加するようにしています。

しかしハウスメーカーからすれば、まさに仕掛けた罠に獲物が次々と入ってくるようなものですよね・・・

小中学生の親と言えば、マイホームを建てる割合が一番多い30代が中心ですから。

新しく作った土地を知ってもらう良い機会になります。

でも、この仕掛けの良いところは誰も損をしないところ。

参加する側も主催者側もお互いハッピーです。

これこそ『宣伝』のあるべき姿。

ショッピングセンターの通路の真ん中で、子供たちが目を引くような景品やくじ引きで釣る手法より、よっぽど健全だと思います。

この記事のURLをコピー

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

関連情報


運営者プロフィール
Kodama-Works BLOG運営者のプロフィール画像
児玉 和基

宮崎市在住、フリーのITエンジニアです。ウェブサイト制作がメイン業務。当ブログのテーマは自作したものです。

カテゴリー